前へ
次へ

ご飯は冷やして食べると健康食になる

日本の調理家電の中には電気炊飯器があり、主にご飯を炊くのに使います。
最近はタイマー機能などを活用してご飯を炊く以外の調理にも使う人も出てきているようです。
各メーカーはいかにご飯を美味しく炊けるかの研究をしていて、より高度な機能が付いたものは非常に高くなるときもあります。
そんなご飯ですが通常は熱々の炊き立てを食べたいと考える人が多いでしょう。
炊き立てでなくても保温した状態や、レンジで加熱して食べる人は結構います。
ただご飯の栄養素は炭水化物がメインになっていて、糖質制限をする人にとってはあまりよくない食品かもしれません。
そんなご飯があることをすると健康食に変わるとされています。
非常に簡単なことで、冷ませばたちまち 健康食となって太りにくくて腸にもいい食品になります。
ご飯の中にあるレジスタントスターチと呼ばれる成分は熱々の時だと消化されやすいですが、冷めると消化されにくくなります。
冷ご飯でなくても、少し冷めたぐらいでも健康効果が期待できます。

Page Top